おまとめローンって、そもそも何なの?

人生の中で、ローンという制度が非常に便利に感じる状況は何度かあるものです。
ある人は、ローンというのは、結局借金をしていることだと感じて、ローン制度を避けようします。実際は、負債という感覚で利用する必要はありません。

 

あくまでも、買い物をする時に選ぶ、支払方法の一つである、という認識であれば、何も悪いことではないのです。

 

例えをあげるならば、株やFXなどの取引です。今は所持金が足りないが、後に利益や収入が得られる事を見越して取引をする、信用買いやレバレッジのような取引方法もあり、私たちが一般的に利用できるローン制度も、同じ仕組みなのです。

 

女性が考えている画像

もちろん、問題となるケースもあります。月々に、自分が支払える能力を超えるほど、複数のローンを組んでしまうと、大問題に発展してしまうかもしれません。

 

いくつものローンを重ねて組んでいくうちに、金銭感覚が麻痺してしまったり、あるいは、自分は借金をしているんだという感覚が強くなったりして、精神的に追い込まれていってしまう状況も考えられます。

 

もし、複数のローンを組んでしまっているなら、ローンの一本化、という方法もあります。それがおまとめローンです。あっちの業者や、こっちの業者、それぞれに個別で組んでしまっているローンを、一つの業者にまとめるという支払方法です。

 

こうすれば、たくさんの業者から、毎月支払いを請求されるプレッシャーは、軽減され、精神的にも落ち着いて支払いに取り組めるようになるかもしれません。
ただし、これはメリットもデメリットもある方法であり、薬と同じように、よく注意して利用する必要があります。
あくまでも、一つの返済方法の選択肢に過ぎない、ということを忘れないようにしましょう。

 

返済を楽にしてくれるおまとめローン

女性が喜んでいる画像

ローンを複数の業者と組んでいる場合は、一月に全ての業者へ一度は返済をしなくてはなりません。自動で返済額が口座から引き落としされるなら手間もかかりませんが、業者によっては指定口座に振り込みを要求される事もあります。

 

返済の日や金額もバラバラなので、考えている以上に、毎月精神的に振り回されてしまい、疲れてしまいます。短期間で終るならそれほどでもありませんが、たいていローンの返済は長期にわたります。

 

その点、おまとめローンを利用すれば、月ごとのあちこちの業者への返済期日を覚えたり、返済方法などについて、あれこれ気にしなくてよくなります。ひとつの会社に、月に一度支払いを行えばいいので、精神的に振り回されたり、憂鬱な気分が続く事が少なくなるでしょう。

 

ローンの一本化において、金利の低下というは、目に見えるメリットですが、実際支払いを行うのは本人です。人間である以上、どういった精神状態で物事に取り組むか、というのは目には見えませんが、重要な要素といえます。おまとめローンそういった精神面でのサポートの1つでもあります。苦労の多い現代では、多額の返済に加え、その他のあらゆる事情が返済者の精神を苦しめ、たまりかねて最悪の選択をしてしまう人も少なくありません。

 

おまとめローンは、ローン返済に取り組むに当たって、そうした精神的な余裕をもてるようにする役割もあります。

おまとめローンに必要な審査について

女性が何か考え事をしている画像

おまとめローンは確かに便利な方法ですが、ローンが魔法のように楽になるわけではありません。

あくまでも、返済方法の一つの方法にすぎません。

 

ですので、複数のローンに苦しんでいる状況が、良くなることもあれば、逆におまとめローンの利用が、現状をさらに悪くしてしまう可能性も否定できないのです。

 

おまとめローンの利用によるメリットどデメリットをしっかりと把握するためには、ローンの一本化とはどういうことなのかという基本的な知識を身につけておく必要があります。

 

必要な知識を学んだ上で、自分にとってどのように利用の仕方が適切かを、責任をもって判断することができれば、事態を良い結果へ導くことができるでしょう。

 

おまとめローンの基礎知識として、まず知っておかなければならいのが、審査があるということです。

 

そもそも、まず審査に通らなければ、ローンの一本化をする事ができないのです。

 

ローンを組む際にも審査があるので、ローンの一本化も問題がないと思えるかもしれません。しかし、キャッシングなどの小口融資であるなら、借入状況に相当な問題がみられない限り、たいていの人がローンを組むことができてしまうので、審査基準の緩い業者が多いのが現状です。

 

しかしローンの一本化の場合、もっと厳しく審査されます。
これはローンの一本化を図る、という状況の背景を考えてみればよくわかります。ほとんどの場合、ローンの返済状況が厳しい事が一本化する理由なので、経済状況を含めた信用度が低い属性となってしまいます。

 

現実にはありえませんが、複数の債務を抱えている人とまっさらな人とでは、審査に通る確率は後者の方が圧倒的に高くなります。

 

そういった点もよく認識しつつ、おまとめローンを利用する際は、審査の厳しい会社なのか、それとも甘い審査基準の会社なのかをよく調べてから選びましょう。

 

→審査についての詳しい解説はこちらのページをご覧下さい。

 

審査に必要な書類を揃えよう

どんな制度の利用にも、申し込みの際に必要な書類が複数必要です。
おまとめローンの申し込みにも、必要な書類がなければ、審査に通らないどころか、審査すらしてもらえませんので、しっかりとした準備が必要です。
申し込む際に、どのような書類が必要なのかを、丁寧に確認しておきましょう。

 

おまとめローンの申し込みに必要な書類は次のようなものです

 

  1. 身分証明書(免許証、健康保険証、住民票など)
  2. 給与明細
  3. 源泉徴収票
  4. 所得証明書類

 

なお、身分証明書にある『健康保険証』は、必須書類の1つになりますので、これを持っていけば、身分証明書としても利用する事ができます。

 

女性が何か考え事をしている画像2

これらの書類に加えて、申し込む業者によっては、必要となる書類がいくつか変わってきます。

 

どのような書類が、さらに必要になるのかも、よく確認しましょう。
身分証明書も、指定されたものを用意しなければならない場合もありますので、指定に従い、用意しましょう。

 

おまとめローンの申し込みだからこそ必要になる、特有の書類もあります。
ローンの問題のため、現在の総残債務を確認することのできる書類です。

 

ただし、審査の時点で、一本化するための金額、および利用している業者の数は申請しているので、この書類は、実際に審査が通った後の、確認のために提出するケースが多いです。

 

書類をしっかりと、ミスのないように用意することも、一つの信用・信頼の要素です。
うっかり忘れていました、では、業者への心象もよくありません。
ローンの一本化は特に審査が厳しくなりますので、必要な書類と、指定された書類を何度も確認し、書類を用意するにも、責任感を持って臨みましょう。

お金にまつわるホームページリンク集

多額のお札を見て喜んでいる女性

日本では義務教育で9年間、誰もが勉強をする機会を与えられており、多くの人は高校に通ってさらに勉強をしています。先進国の中でもそれなりに教育レベルの高い日本ですが、お金に関する知識が圧倒的に欠けている、という事を認識している人は少ないものです。

 

親からお金について教育を受けた人もいるかもしれませんが、恐らくは「お金にかかわる話を人前でするのはみっともない」という日本人の意識があるので、実用的なお金の教育はされていないのが現実です。

 

「借金だけはするな!」「保証人にはなるな!」ぐらいの知識しかない人が多いと思います。

 

受動的な教育機会だけでは、本当に生きていく為に必要な知識・知恵を得るのは、現実的には難しいんです。自ら能動的に情報収集をしないことには、活きた知識は身につきません。

 

しかし今の時代は、インターネットが普及しており、どこにいてもスマホさえあれば、自分の知りたいことを検索して知ることができる便利な世の中です。

 

私がこのホームページを立ち上げたきっかけも、そうした「お金についての活きた知識を付けて欲しい」という思いからです。

 

ここでは、ネット上に無限にあるホームページの中から、お金についての実用的なコンテンツが掲載されていたホームページを独断と偏見でご紹介いたします。(どれもまともなホームページですので、安心してご覧いただければ幸いでございます)